本当に決め手となった理由は夜の世界に通用するトーク力の取得でした

実は本業が接客業で、顧客の更なる獲得を強いられていた状況にあり、自分自身かなり行き詰っていました。そんなとき、自分のいる業界ではお水の出身者が多いせいか、どんな話題でも対応できるトーク力を持っている方がたくさんいることを知りました。そのツテでピンポイントの時間でも働ける場所があると知人に紹介され、好奇心旺盛な私はそのままキャバクラでバイトすることになりました。
キャバクラに対して色々と思うところは人それぞれだと思いますが、私は何といってもキャバ嬢のトーク力には驚きです。疲れ切ったサラリーマンの話を聞き、そして気持ちよくお酒を飲んでいただく……そんな話術のすごさに私は感動しました。
一刻も早く彼女達のように客の心を掴むトーク力を身に着けたいと、ヘルプでお酒を注ぎながら、それぞれの席で聞き耳を立てていました。毎日とにかく色々な方がお店に訪れます。その一人一人がどのような人なのかを短い時間で把握し、どのような言葉をかけて欲しいのか、相手の反応を見て詮索する技術はあらゆる仕事に置いて大事なものであり、基本だと私は考えます。キャバクラのバイトにはすべての仕事に通じる人の心を掴む力を養える魅力があります。貪欲な向上心をお持ちの方は、トライしてみるのもいいかもしれません。