単純にお酒を飲むことだけが目的であれば、パーやスナりク、居酒屋など、もっと安くて気軽に飲めるところはいくらでもあります。お客さんは単にお酒を飲むためだけにキャバクラに通っているわけではありません。
裏返せば、まず、お客さんが何を求めてキヤパクラに足を運ぶのかを知らなければ、キャストとしてお客さんの心をつかむことができないわけです。
世の男性がキヤパクラに通う理由・目的は、大きく分けると次の四つになります。

 

―の子を口説き落としたい、女の子とエッチしたい
▲ャバクラという空間で癒されたい
女の子の成長を自分の喜びとしたい
こ擇靴飲んで元気になりたい
では、それぞれについて説明しましょう。

お客さんのタイプを知ろう記事一覧

口説けないとわかった時点で、平気で別の子を指名する(指名替え)か、店自体を変えてしまいます。気の短い人なら、3固くらい指名して脈がなければさっさとあきらめてしまいます。口説き目的・工νチ目的のお客さんは平均3力月、長くても半年程度でいなくなると考えてよいでしょう。もちろん、なかには真剣に恋愛相手を探している人もいます。しかし、接客する側としては、とりあえず口説き目的・エッチ目的のお客さんと同類と考...

本気で口説こうなどとは考えていませんが、精神的な擬似恋愛を楽しみながらストレスを解消しようとするタイプです。

このタイプは、がんばっている子を見ると応援したくなります。その子が日に日に成長していく姿を見ているのが楽しみであり、しかも、それに自分がかかわっているということに満足感を求めているのです。年配者や、ある程度地位のある男に多い、おせっかいタイプといえます。しかし中には、自分に自信のない男なのに、このタイプのお客さんもいます。「こんな若い子ががんばっているのだから、自分もがんばろう」と思っていたり、自...

仲間や取引先などと一緒のことも多く、こういうタイプはある面でよいお客さんと言えるでしょう。これら4つのタイプは微妙にからみ合っています。初めは口説き目的で女の子を指名していたお客さんが、いつの間にか癒し目的に移行していったり、癒しが本来の目的なのに、女の子の成長を自分の喜びとする「おせっかい」の要素も含んでいたり、逆に、このおせっかいタイプのお客さんが「ここまでこの子のために尽くしたのだから」と口...

忘れてはならないのは「お客さんはやっぱり男である」ということです。どのタイプのお客さんであっても、男であることに変わりはありません。男である以上、「この子とエッチしたい」という気持ちは絶対にあります。要は、その気持ちが大きいか小さいかの違いだけなのです。たとえば「癒し目的」や「おせっかいタイプ」の男でも、エッチ願望はあります。ただ、「この子とそういう関係になるのは無理だ」とあきらめ、願望を理性で抑...

フリーでついたときに、ある程度タイプを予測して接客しなければ指名が取れないのも事実です。そこで、フリーについた際に、外見で大まかにタイプを見分けるためのコツを説明しましょう。まずチェックしたいのは、次の4点です。’齢独身か妻帯者か1人で来ているか、グループで来ているかせ纏上の立場(経営者、中間管理職、ふつうのサラリーマンなど)年齢若い年齢層は、圧倒的に口説き目的のお客さんが多い傾向にありま...