このタイプの最終的な目的は「工りチ」ですから、スキがあって簡単に口説き落とせそうな子を指名します

口説けないとわかった時点で、平気で別の子を指名する(指名替え)か、店自体を変えてしまいます。
気の短い人なら、3固くらい指名して脈がなければさっさとあきらめてしまいます。口説き目的・工νチ目的のお客さんは平均3力月、長くても半年程度でいなくなると考えてよいでしょう。

 

もちろん、なかには真剣に恋愛相手を探している人もいます。しかし、接客する側としては、とりあえず口説き目的・エッチ目的のお客さんと同類と考えて接客すべきでしょう(もちろん、本当につき合うべき人ということもありえなくはないのですが)。

関連ページ

キャバクラという空間で癒されたいタイプ
次に多いのが、日々の仕事や家庭でのストレスを、日常生活とは異次元であるキャバクラという空間で癒されたいと思っているタイプです
女の子の成長を自分の喜びとするタイプ
キヤパクラのお客さんの中では比較的少数派ですが、「常連さん」といわれる人に多いタイプです
楽しく飲んで元気になりたいタイプ
一次会の飲み屋で盛り上がったりしたあと、そのまま帰るのもつまらないからとキャバクラに行く人がいます
男というものは本当にわがまま
現在の時点でこのお客さんはどのタイプなのか、何を求めてこの店に来ているのかを大まかにでも見極めることが大切
お客様のタイプの見分け方
キャバクラに来るお客様のタイプを一目で見分けるのは大変難しいものです。基本的には指名をも らい、何回か接客をしていくうちに見分けていくしかないでしょう。