指名を取るには必須の技術

フリーでついたときに、ある程度タイプを予測して接客しなければ指名が取れないのも事実です。
そこで、フリーについた際に、外見で大まかにタイプを見分けるためのコツを説明しましょう。まずチェックしたいのは、次の4点です。
’齢
独身か妻帯者か
1人で来ているか、グループで来ているか
せ纏上の立場(経営者、中間管理職、ふつうのサラリーマンなど)

年齢

若い年齢層は、圧倒的に口説き目的のお客さんが多い傾向にあります。20代〜30代前半の遊び慣れていないお客さんは、キャバクラは女性を口説くところだと思っているのです。
30代後半〜40代のお客さんは、仕事上の立場にもよりますが、キャバクラで癒されたいと思っているお客さんが多いようです。というより、この年代は「もうこの年になったら若い子を口説くのは無理だろう」と思っていると言ったほうが正解かもしれません。
また、50代以上のお客さんは、「若い子と話をすることによって英気や活力をもらおう」と考えているお客さんが多いようです。
ただし、40代や50代でも、女の子を口説いてエッチするというツワモノもたくさんいます。この年代の中には、口説き落とすテクニックを身につけている人も結構いるのです。

 

女の子のほうも、「この年齢なら口説き目的ではないだろう」と安心しすぎて、つい相手のぺーにはめられてしまうのです。ですから、実は一番要注意の年代でもあるのです。

独身か妻帯者か

20代〜30前半で独身のお客さんは、10人中8人までが口説き目的です。30代後半以降でも、独身者の場合は、できれば女の子を口説きたいと思っているお客さんが多いものです。
逆に、若い年齢層でも妻帯者であれば、「気分転換」や「癒し」を求めてキャバクラに来るお客さんも結構います。

 

難しいのは、30代後半〜40代の妻帯者です。
基本的に、仕事も一番大蛮な時期ですし、家庭でもいろいろある時期ですから、癒しを求めてくるお客さんが多いと思われます。しかし、なかには本気で口説き目的で来ているお客さんもいるので要注意です。
また、50代の中には、「浮気」という罪の意識がなく、口説くこと自体を楽しみや喜びとしているお客さんも結構います。

1人で来ているか、グループで来ているか

ー人で来店し、しかもフリーで入ってくるお客さんは、かなり遊び慣れているお客さんといえます。もしくは、以前その屈で指名していたキャストがやめて、次に指名するキャストを探している最中のお客さんです(指名キャストが休みで、たまたまフリーで入ってきた場合は除きます)。前者であれば、まず口説き目的と考えてよいでしょう。なぜなら、慣れないキャストと話していても癒されるものではないからです。
後者の場合は、その店自体を気に入っていて、店に来ること自体で癒されるというタイプが多いようです。
ちなみに、口説き目的のお客さんは、ねらっていたキャストがやめると、ほとぼりが冷めるまで屈を変えることが多いものです。なぜなら、ほかのキャストも当然、そのお客さんがやめた子を口説いていたのを知っているので、ほかの子を口説きにくいからです。
一方、グループで来ているお客さんの場合は、そのグループが上下関係のあるグループか、それとも対等な関係のグループかで多少遣います。上下関係のあるグループ、たとえば上司と部下、接待される側とする側などの場合、下の立場の人は上の人の自を気にします。そのため、本気になって口説くことができず、それなりに楽しめるキャストを見つけてよしとするケースが多くなります。ただ、先輩と後輩程度の上下関係は、このケースにあてはまりません。
友だち同士のように割り勘で支払う対等な関係の場合は、ノリで来ていることが結構多いものです。そのため、その場を楽しめればよいという癒しタイプや元気になりたいタイプと、お互いに競争して口説こうとする二つのタイプに分かれます。

仕事上の立場

仕事上の立場としては、大きく次の三つに分類できます。
(1)経営者
(2)中間管理職
(3) ふつうのサラリーマン

 

(1)経営者
経営者は、遊びの中でも社会勉強を忘れません。経営者にとって、キャバクラというところは大変勉強になるものです。集客力・企画力、キャストやボーイの接客、人事に至るまで、勉強になることばかりです。
そのため、経営者はその店自体のファンになってしまうケースが少なくありません。そして、その店でがんばっている子を応援したくなるのです。ただ、同じ経営者でも、急に大金を使えるようになったケースでは、お金の力を借りてキャストを口説こうとする人か多いものです。これは、とくに若い経営者に多いタイプです。
つまり、同じ経営者でも、苦労をして現在の地位を築いた人と運よく現在の地位を手に入れた人では遊び方が違うということです。この点を見分けることが大切です。
両者は年齢以外に、身なりや身につけているものでも見分けることができます。苦労して現在の地位を築いた人は派手な身なりはせず、ブランド物も本当にさりげなく身につけています。
一方、お金の力で口説こうとするタイプは、身なりも身につけているものも派手で、わざと女性の目をひきつけるような格好をしているものです。
(2)中間管理職
中間管理職の多くは癒しを求めています。会社の中では上からは叩かれ、下からは突き上げられ、一番ストレスがたまるポジションだからです。
性格的に明るい人は、パッと遊んでストレスを発散・解消します。一方、おとなしい牲格の人は、女の子と明るい話題で楽しい会話をすることや、自分のグチを聞いてもらったりすることにより癒されようとします。
(3) ふつうのサラリーマン
管理者でないふつうのサラリーマンの場合は、口説き目的のタイプと、がんばっている子を見て元気をもらおうとするタイプに分かれます。後者は、気が弱そうでおとなしいお客さんに比較的多いタイプです。いわゆる「人生に迷いのあるタイプ」と言えるでしょう。そして不思議なことに、人気上位のキャストや負けず嫌いでがんばっているキャストには、こういうタイプの指名客がつくものです。

 

以上の4点のほかにも

  • 服装(スiツ姿かラフな服装か)
  • アクセサリー(時計、ライター、バッグなど)
  • 容姿(モテそうなタイプか、女に縁のなさそうなタイプか)

などもタイプ分けの参考になります。
大まかな見分け方は以上のとおりですが、これらはあくまでも目安であって、実際に接客をして話をしてみなければわからない部分は数多くあります。経験を重ねていくうちに、次第に相手のタイプが見分けられるようになっていくでしょう。

関連ページ

女の子を口説き落とすこと、エッチすることが目的のタイプ
キヤパクラに来るお客さんのうち、かなりの割合を占めるのは、このタイプだと思っていいでしょう
キャバクラという空間で癒されたいタイプ
次に多いのが、日々の仕事や家庭でのストレスを、日常生活とは異次元であるキャバクラという空間で癒されたいと思っているタイプです
女の子の成長を自分の喜びとするタイプ
キヤパクラのお客さんの中では比較的少数派ですが、「常連さん」といわれる人に多いタイプです
楽しく飲んで元気になりたいタイプ
一次会の飲み屋で盛り上がったりしたあと、そのまま帰るのもつまらないからとキャバクラに行く人がいます
男というものは本当にわがまま
現在の時点でこのお客さんはどのタイプなのか、何を求めてこの店に来ているのかを大まかにでも見極めることが大切